「 2015年11月 」一覧

試走会

11月28日と29日の日記

降雪を覚悟の上、11月29日を試走会に設定してました。試走会に参加してもらったクラブ員がこのテレインで大会をやりたい、道外の仲間に大会に来てもらいたいという気持ちになってもらえれば背伸びして二日間大会かつJOA公認大会とすることになるし、さほど盛り上がらなければ例年通りの大会になるだろうし。

来年の大会当日まで足かけ3年調査に費やしている自分としては、やっぱり努力を最大限活かした大会にしたい。でもマッパーのエゴだけで大会が開けるわけでもないし、というわけで年内に試走会を企画したのです。作図進捗率は50~60%ぐらいじゃないんですかね?s-DSCF6919

前日設置に来ました。気温はまずまず暖かいんですが今週降った雪は溶ける気配がありません。全ポ14本に減らしてコース距離を短縮しても午後から全部設置しきれませんでした。s-DSCF6920

「シカとキツネと私」の足跡。自分も手負い状態なので思った以上に設置に手こずります。

s-DSCF6923遠くに見える樽前山。大会初日土曜日はレンタカーで八合目まで行って、サクッと外輪一周されてみてはいかがでしょうか? 7月は日没7時台だから1本走り終わった後からでも全然大丈夫。

s-DSCF6926

試走会当日朝。とってもよい天気でアスファルト上には雪がありません。早起きして設置しきれなかったラスポを含めた3本設置してきました。

s-DSCF6927

岡本君 コースプランナー候補。来年転勤ありませんように。

s-DSCF6928

熊谷君 彼はクラブ員じゃないけど、道協会大会で地図を見てしまったので強制的に運営徴集。

s-DSCF6929

寺井さん

s-DSCF6930

小野寺さん

s-DSCF6931

山崎さん 調査に入っているにも関わらず雪に覆われた5番道を見つけられず大きくぶっ飛んだらしい。昨日設置していて、たぶんみんな見つけられないだろうなとは思ったよ。

s-DSCF6932

早川さん  雪上オリエンとなったので足跡辿りの単純試走になってしまうかと危惧しましたが、人間の足跡以上にシカの足跡が錯綜しており足跡辿りにはならなかったみたいで、みなさんそれなりにツボった楽しめたようでした。クマの足跡はなかったはず。

 

地表面が雪に覆われてしまったため試走会意義半減だったんですが、お昼には終了することができました。撤収はみんなで分担したので楽チン。それでも1時間は要したかな。

みなさん、どんな感想を持たれたでしょう。若者二人からは十分ロングディスタンスに耐えうるとの評価をもらい、マッパーとしては一安心。今週末の忘年会で大会の方向性を決めます。

 


ムチ打って三連休

11月21日・22日・23日の調査日記

前週の15日は南千歳で開催された北海道協会大会に参加しました。雨降りで寒い1日。課題が直進主体の荒地(伐採地)テレインなんですが、レース中盤に倒木を踏んづけたら木が跳ね返って左足ふくらはぎにブッすり刺さっちゃったんです。捻挫予防のテーピングの上から刺さったので外傷は無かったんですが、歩いた時着地に体重が掛かると激痛です。四六時中足が攣ってしまったような痛さ。「これは筋肉断裂したかもしれないね」と今までに経験したことの無い痛みで翌日受診してみたらやっぱり筋断裂(いわゆる肉離れ)全治3週間。

体硬くなってるね-、年も年だからねー、筋肉も老化してきてるからねー、と身も心も泣けてくるようなお医者さんの診断に寝込みたくなってしまいました。

しかし、翌週に試走会を控え、積雪まで後の無い天候にも恵まれた貴重な三連休。足は内出血でパンパンに腫れてますが無理を押してでも調査に行かないわけにはいきません。

s-DSCF6902

余裕がなかったのか、全然写真を撮っていませんでした。倒木地帯を歩いていても着地の際に体重が掛かって痛みに悶え苦しんでいた気がします。

でも、頑張っただけ成果はあがりました。三連休前後の作図結果を比較することがせめてもの慰めとなります。来週まで雪が降らなければいいんですが、天気予報はがっつり雪予報・・。


おともだち

10月31日と11月1日の日記

s-DSCF6879

駐車場でやたら目立つのがシカの糞。○○人じゃないんだから、ちゃんと公衆トイレでしなきゃだめだよー。

先週の降雪がウソのように晩秋の暖かいさわやかな調査日和でした。そして、森のおともだちがいっぱい会いに来てくれました。人間のお友達がいなくてもこれで安心ですね。

s-DSCF6884

今日1日しょっちゅう遭遇したシカの群れ。シカが逃げる方向に調査しながら自分が近寄っていくものだから、何度も繁みから飛び出してくるシカに遭遇しました。シカだとはわかってはいるんだけどヒグマじゃないかと焦るんだよねー。s-DSCF6887マガモ? エサをくれないとわかったら、さっさと池に引き上げていきました。友達じゃないじゃん。s-DSCF6891

エゾリス。ワタクシと一緒で恥ずかしがり屋さん。すぐ逃げていきました。

s-DSCF6894

シマヘビかと思ったら、識者いわく「クナシリラットスネーク」というのだそうです。高速道路のアンダーパス日陰にいたので、写真写りがよくなるように日なたに連れて行ってあげました。尻尾を持ってぶら下げたり、棒で突いたりして彼(彼女)が一番よく遊んでくれたです。

s-DSCF6895

帰りには道端までお見送りに来てくれました。「来週もまたおいでー」

 

編注:一部妄想が含まれています。