「 2016年02月 」一覧

宿泊のこと

今回、困ったことに苫小牧市内に格安な宿が全然ないのです。原因は市内の工場で大規模な定期検査があり、全国から出張作業者が集結するため6月中旬から7月下旬まで企業が宿単位で押さえているからなのです。

昨年12月に地元渉外に訪れた際に情報としては伺っていましたが、正月気分も抜けていの一番に出し抜くつもりで各宿に電話したところ軒並み全滅。甘かったです。

苫小牧はフェリー航路も充実しているので学生の皆さんにも来ていただきたいんですね。特に仙台港から近い大学・・。苫小牧港から会場のハイランドスポーツセンターまで約4kmほどなんでママチャリでも十分行けます。ママチャリでフェリーに乗って会場入りなんていい話のネタになると思うんですがいかがでしょう?

苫小牧在住クラブ員の勝本さんが地元の福祉会館に何度も足を運んで「合宿所のように一晩使わせてほしい」と頼み込んで承諾をいただくことができました。P1000465

ここに貸し布団を用意してフェリーの二等船室のように雑魚寝ができるよう準備したいと考えています。スペースに余裕があれば社会人も雑魚寝できるようにします。

自分も学生の頃北欧に遠征した際、学校の教室ハードフロアに寝袋とロールマットを持ち込んで寝泊まりしてました。同じく7月の始めでフィンランドの北部だったせいもあり、日が暮れるのが夜の11時半。完全に真っ暗にもならず時差もあり眠れずしんどかったですね。男女の区別もなく人がパンをかじっている横でエストニアの太ったおばちゃんがパンツを脱いで着替えを始めるといった正に噴飯モノの環境だったです。

お風呂は銭湯(公園湯・鶴の湯)に行くといいでしょう。コンビニはもちろん、ラーメン屋やスープカレー屋とか探せば近くにいろいろあるし港まで足を伸ばせば有名な朝市食堂風な施設もあるようです。

社会人なら新千歳空港からレンタカーを借りて移動することをお勧めしたいのですが、フェリー利用者だと宿がないからといってJRで札幌往復するのもなんだか無駄なのでプライバシーがなくてもよければ是非利用を検討いただければと思います。

実は全く宿がないわけじゃないなんだよね・・・。しかも会場から至近。
国道沿いに数軒並んでいるそのお宿はホテルの前に「LOVE」が付くのです・・。
朝、トリム姿でゼッケン付けて颯爽とラブホから出てきてくれるようなネタ好みなアナタなら、きっと今回の大会は楽しんでいただけると確信しております。

 

 

 


要綱公開しました

お待たせいたしました

参加要綱を公開しました。JOAの改訂により会員支援のため参加料が上乗せと一時登録廃止という、当初の予定になかった変更に翻弄されてしまったのですが何とか公開にこぎ着けました。
参加料が見た目高額となってしまったことに運営側としても抵抗感があり、みなさんに何とか夏の苫小牧を楽しんでいただきたいとの想いから今回早割制度を策定しました。早割を有効に活用してお得に参加いただければと思います。

参加申込みは3月1日からです。3月20日の全日本大会でも会場受付を行います。みなさまの参加を心よりお待ちいたします。