「 2016年04月 」一覧

1日目ミドル 会場へのアクセスについて

7月9日(土)1日目ミドルディスタンス競技 苫小牧駅・新千歳空港からの会場アクセスについて概要をご案内いたします。(詳細はプログラム記載)

1.苫小牧駅からの乗合タクシー

バスをチャーターするまで需要があるとは思えないので駅北口タクシー乗り場に係員を1名配置し、タクシー乗合を案内します。

駅から会場まで約2.5km、タクシー料金は870円か950円。3名乗車もしくは4名乗車関わらず1人300円を徴収し乗合で会場まで輸送します。所要約5分。

接続該当列車は苫小牧着
12:08 普通 (札幌10:53発、新千歳空港発11:30接続)
12:18 特急すずらん4号(札幌11:24発、新千歳空港発11:45接続)
12:41 普通 (札幌11:27発、新千歳空港発12:15接続)
13:01 特急北斗12号(札幌12:15発、新千歳空港発12:30接続)  とします
(新千歳空港からは次の南千歳駅で対面ホームの苫小牧方面列車乗り換えとなります)

 

2.高速道高丘バス停の利用

新千歳空港からはテレイン中央部に位置する高速道上のバス停を利用すると意外に早く到着します。バス停から国道に出てテレイン内をあまり覗き込まないように(笑)外周を廻って会場に来てください。こちらもバス停から会場まで2.5km程ありますのでタクシーを利用して来た方が無難だと思われます。役員配置はしませんが事前に予約いただければ高速道バス停出口にタクシーを待機させておきますので、他の希望者と乗合で会場に来てください。

接続該当バス(道南バス 室蘭行高速はやぶさ号)高速高丘バス停着 運賃580円
11:28 新千歳空港29番のりば 11:02発、2番のりば11:05発
12:58 新千歳空港29番のりば 12:32発、2番のりば12:35発

札幌からの便(室蘭行 中央バス高速むろらん号、道南バス高速白鳥号)高速高丘バス停着
11:38 札幌駅前ターミナル 10:30発、大谷地バスターミナル 11:03発
12:58 札幌駅前ターミナル 11:50発、大谷地バスターミナル 12:23発
高速で来ると大谷地から30分ほどと意外に早く到着できるんですね。

 

あと、現在企画されていること

a. 10日ロングディスタンス終了後、会場から新千歳空港までの直行バス

貸切バスなので1人千円くらいになる見込みです。30人ほど希望者がいないと運営側が赤字を被るのでちょっと実現微妙。これを書いていて高丘バス停13:07、14:32発の室蘭から来るバスに乗ればいいんじゃない?って気になりました。(ただし空港行きは事前予約必須とのこと)

b. 格安レンタカーの斡旋

北海道夏料金になるので格安系もさほど安くないはずです。1,300CCクラスのコンパクトカーなら24時間免責補償料、カーナビ込みで某大手ディーラー系レンタカー5,400円で借りられるコネがあるので、レンタカー会社に話をつけに行こうかと考えてるところです。

c. 東室蘭のビジネスホテル斡旋

苫小牧市内は宿がないし、札幌まで出てきてもインバウンド客に抑えられていて夏料金で高いし・・と困ったものです。どうせ札幌まで行くのなら逆方向の東室蘭という手段もあります。要望があれば宿代プラス1,000.~2,000.くらいで会場往復送迎バス出してくれないと交渉してみることもできるのではないかと思うのですが需要があるのでしょうか?

上記企画実現に我々が汗をかくのは厭わないのですが、企画交渉しても需要がなかったというのが一番困るので躊躇してしまうのです。
もし、参加を検討されている方で上記企画をぜひ実現させてほしいというメールをたくさんいただければ重い腰を上げて交渉に行ってきます。yamaken@o-hokkaido.com

帰りの会場から苫小牧駅北口行き乗合タクシー斡旋もたぶんやります。また、7月10日(土)ロングディスタンス朝の苫小牧駅北口からの乗合タクシーについても詳細はプログラム記載とします。

 

 

 

 

 


ヤブい気分

4月16日・17日の日記

熊本地域での震災被害お見舞い申し上げます。あまり不謹慎なことも書けないのですが、自分の人生の中で北海道南西沖、阪神大震災、新潟中越地震、東日本大震災と悲惨な映像に慣れてしまって良くないことだとぼんやり考えながら調査してました。北海道南西沖の時は初めての海外遠征でフィンランドにいました。現地の新聞でも一面で報じられていて、帰省の際には奥尻島の脇をいつもフェリーで通過してたので泣けてしまったのを思い出します。

s-DSCF7233

高丘霊園入口の2車線から1車線になるところで今日も捕り物劇絶賛開催中です。

今日は午前中仕事で現地に来るのが遅くなりました。今イチ山に入る気にもならず、そこで意を決して霊葬場に渉外しに行くことにしました。

s-DSCF7234

ここから先の写真は撮ってません。本日の業務が終了し会葬者がいないことを電話で確認してから訪問しました。場長さんに事務室で応対いただき7月10日に裏山でオリエンテーリングイベントを開催するのでよろしくお願いします、と挨拶させていただきました。「別にわざわざ来なくても郵便で送ってくれればそれで良かったのに・・」とも言っていただきましたが、将来に渡ってテレインを利用することを考え、意を決して訪問してきました。

それにしてもこの手の施設にジーンズ姿のラフな格好で正面玄関で「失礼します。お忙しいところ恐れ入ります」と挨拶して入ることは二度とないはずです。久々に緊張の面持ちで訪問しました。たぶん顔は引きつっていたはず・・。

大会当日はもちろん立入禁止です。しかし、このテレインは高速道より北方で人が常駐している建造物はここしかないのも事実。(そもそも建造物が霊園墓地以外皆無)万が一の緊急事態の際にはご協力よろしくお願いしますと挨拶させていただきました。

明くる日の10日は雨天予報。午前中は辛うじて天気が持つみたいなので雨雲ズームレーダーとにらめっこしながら2時間でも調査ができれば・・と思い高速を飛ばしてやって参りました。昨日の施設に車を駐めれば現場はすぐなんですが、そういうわけにもいかないので往復時間短縮のためにマウンテンバイクを積んできました。

s-DSCF7238

ここは昨年倒木被害で痛い目にあったところなんですけどね。

s-DSCF7239

今日の調査現場付近に自転車をデポします。カギは絶対に落とさないように・・。

写真で説明ですが、本テレインのDヤブ(JSOM410)には2パターンあります。

s-DSCF7240

ここは大会時期には明らかに走行速度が20%以下に低下するヤブなんですが、シカ道が貫いていて通れないという訳ではないのです。よって細いDヤブ筋を通すコース設定がないとは言いかねます。Dヤブでもシカ道が発達してるんですからB・Cヤブは言うまでもなく走行速度は落ちるけど普通に通過していただくコース設定になります。Cヤブの中の小凹地脇という設置も当然あり得るはずです。

s-DSCF7241

一方、沢底を埋める倒木による走行可能度低下(ほぼ0%のジャングル)地域を通すようなコース設定は組まれないはずですが、ベタ緑のDヤブにも2タイプあることをプログラム上で告知したいと思います。

s-DSCF7243

12時過ぎには予報通り雨が降ってきました。13時近くまで頑張ったけどさすがに雨が強くなってきたので本日終了。以前より気になっていたホッキ飯を買って途中で食べながら帰途につきました。ちなみに700円。ホッキは美味しいけどちょっとお高いかな?おにぎりバージョンもあったので次回試してみます。

 

 


捕り物劇にご用心

4月9日と10日の日記

s-DSCF7209

今日もやっぱり千歳空港を過ぎたところで捕り物劇を見ることができました。エプソンの工場が見えたらスピード要注意。

お昼に苫小牧に着きました。カレーが食べたい気分だったので有名どころでホッキカレーでも食べようと港に行ってみました。
s-DSCF7213

無理。
こんなのに並んでいたら調査する時間なくなるわ。並んで食べて昼寝して無駄な時間を費やす余裕はないのです。何とか4月中に作図の目途を付けなければ・・。

と言うわけで、公設市場の隣にある「みなと市場」を覗いてみました。

s-DSCF7215

ホッキラーメンと半ホッキカレーセット(1,000円)を頼んでみました。

s-DSCF7216

とんこつベースのラーメンにホッキが入ってます。小さなカレー皿にもホッキが入ってます。ラーメンもホッキも美味しいのですが、カレーの少なさが残念。ホッキは高いんでしょうけど、コスパが今イチな感じ・・。

s-DSCF7217

大洗からのフェリーが入港するところでした。「さんふらわあ さっぽろ」という船です。仙台港に近い大学のみなさん、エントリー待ってますよ。

s-DSCF7218

左から車が出てきているところが、会場であるハイランドスポーツセンターへの入口になります。この国道入口から会場までは500mくらい距離があります。今日の調査現場は北方なのでこのまま通過。で、800mほど支笏湖方面に行くと・・・

s-DSCF7221

おー、今日は捕り物劇をよく見ますね-。霊園入り口です。ネズミ捕りに掛かってしまった運転手さんご愁傷様です。引っかかると電話ボックスの後ろから「止まれ」の旗をもった警官が飛び出てきます。さらに500mほど進むと・・・、

s-DSCF7222

先週、自分が車を駐めていた高速道バス停出口に今度はレーダーパトカーが獲物を狙って待ち伏せしてます。ネズミ捕りをクリアしてスピードを上げたところにパトカーが後方レーダーを当てるというえげつない捕り物劇ですな。対向車がパッシングして知らせてくれました。ありがとう。

気温は14度もあったんですが、風が強くて寒い日でした。6時過ぎまで頑張ったけど、余裕だと思っていた地区の再調査に追われてしまい面積を稼げませんでした。これは予定外、明日も来なければ今月中に終わらない。。。

で、10日午前中は北海道協会の総会でした。昼から苫小牧に向かっても3時間でも入林できるなら昨日の遅れを取り戻せると思い高速を飛ばしてやって来ました。今日は捕り物劇はなし。

気乗りはしないんだけど切羽詰まってるので、現場に近いここに車を駐めようかと思ったのですが、
s-DSCF7230

他の車が既に停まっていたので遠慮しました。こんなところに車を駐めるなんてアヤしいですね・・と思ったのですが、後でわかったことですが慰霊碑にお花を供えてお参りしていたんですね。アヤシいのは自分でした。疑ってごめんなさい。

ここの南には人間様の施設もあって、近日中に「裏山でオリエンテーリング大会やるのでよろしく」って挨拶しに行ってこなければならないのですが、どんな顔して行ってくれば良いのでしょう? 営業中には行かない方がいいんだろうけど、誰か火葬場へ渉外しに行ったことのある人いますか? 7月10日が友引だったらよかったのに・・・。

s-DSCF7228

この地区特有の植生である「JSOM411 ある方向にだけ進行可能な林」言い換えると「方向性のある植林地」。荒れ地やヤブい林を等間隔で5mほどの筋を伐採し植林してるので植林してある幼林の筋は一方向のみガシガシ走ることができます。5mや10m間隔でベタ緑と白抜きを記載することは無理なので線状でなく面として記載しています。本大会はこの植生特徴を活かしたコース設定となります。3年前に千歳地区で開催した北大大会注意事項pdfを参考にご覧になるとよいでしょう。


期待と忌態

4月2日と3日の日記

雪はなくなりましたが、風の強い肌寒い週末でした。
今日は簡易宿泊所にする双葉町総合福祉会館に下見に行ってきました。

s-DSCF7155
s-DSCF7156

結構いろいろと行事が入っていて2階の学習教室が終わる5時近くにならないと全開放とならないようですが、1階の大広間に荷物は置いておいて大丈夫そうです。
s-DSCF7162

合宿ですね。地元渉外を一手に引き受けてくれてる勝本さんに案内してもらいました。

s-DSCF7163

ワタクシもステージ上に寝てみました。布団敷いて7人は寝られるね。

s-DSCF7161

お湯はポットで供給できます。水は飲み放題。火を使うのはやめときましょう。

会館見学の後、勝本さんに連れられて会館近くの「ニングル」というラーメン屋にやって来ました。
s-DSCF7182

なんと、勝本さんがご馳走してくれるとのことです。「好きなものをお食べ」とメニューを差し出してくれました。

s-DSCF7184

お言葉に甘えて「チャーハンラーメンセット」をいただきました。

s-DSCF7185

地元渉外はもちろんのこと、余裕のない自分に精神的にサポートいただいています。勝本さんの期待に応えるべく調査がんばります。

s-DSCF7186

つい10日前までマイナス5度が日常だったんだからプラス5度なんてすごく暖かいはずなんですが、今日は風が強くて寒かったです。ネックウォーマーは手放せません。手袋なしでは寒くて無理でした。

今日は霊園の中に車を駐めました。お腹いっぱいで安らかな眠りについてしまいました。期待に応えられないダメ人間で醜態さらしてすみません。

s-DSCF7191

お久しぶり。今年もよろしくね。

s-DSCF7196

なんかモソモソしてるな、と思ったらタヌキでした。キツネはよく見るけどタヌキは今まで見かけませんでした。ミミズみたいなのを掘り起こして咥えていました。それにしても警戒心の薄いタヌキです。余計なお世話と存じますが人間に捕まったらタヌキ汁にされてしまいますよ。

日が長くなったとは言え、5時半になるとさすがに林内は暗くなってくるので今日は帰ることにしましょう。

翌3日は予報通り雨でした。でも午後からは雨が上がるとの予報を信じやってきました。気温は8度、手袋なしでいけるけどやっぱり肌寒い日でした。話のネタと交通手段の調査の一環として高速道路上のバス停を見に行ってきました。

s-DSCF7201

登別・室蘭方向のバス停を見に来たんですが、道南バスの時刻表しか貼ってませんでした。
11時に新千歳空港からの室蘭行きバスに乗ると11:28に高丘に着くみたいです。ただ、このバス停から会場までは2.5kmぐらいあります。徒歩30分弱かかるでしょうね。

s-DSCF7205

横の扉を開けて国道に出ます。自分の車が駐まっているところにレーダーパトカーがよく停まっていてスピード違反の車が捕まっています。会場から支笏湖方面に行く人は捕まらないように気をつけてください。レーダーパトカー、覆面パトカー、ネズミ捕り、ここの国道はなんでもありです。

s-DSCF7206

昨年10月の強風被害で倒れた木を片付けてくれてはいますが、ここは通行可能度悪くて使えないな。

s-DSCF7207

ミドルで使う尾根沢調査。ここは可能度Cで取得しています。ミドルで使う範囲はB・Cが多いのですが、記載できないシカ道が縦横無尽に走っていて可能度Cといっても場所を選べば意外に走れます。地図での見た目ほど悪くないというのが実感です。

今日も5時まで頑張りましたが吐く息が白くて寒かったです。ヘロヘロになって車に戻って国道を走り始めると危なくネズミ捕りに引っかかるところでした。おそロシア・・・。