「 2016年07月 」一覧

成績を掲載しました

大会から一週間が経ち運責のワタクシも無事社会復帰を果たしました。
LapCenterには当日中に掲載していただいておりましたが、公式サイトにおいても掲載しますのでご覧ください。低解像度ですがコース図付きの大出血サービスです。大会終了後も振り返って楽しめるのはオリエンテーリングの良いところですね。

これからも札幌オリエンテーリングクラブをよろしくお願いいたします。


ご参加ありがとうございました

s-doshin0711

大会が無事終了いたしました。楽しんでいただけましたでしょうか?
2日目はちょっと天候が良くなかったけど、怪我人の報告もなく、クマも出てこず、エゾシカに襲撃もされず・・で無事大会が成立しホッとしております。皆様の感想を伺いたいところですが7月上旬でロングの大会が開催できる植生というのは北海道でも太平洋沿岸だけかもしれません。

調査日記をご覧いただければわかるように、本大会の企画準備に足かけ3年を要しました。私も地図作成については頑張りましたが、苫小牧在住のクラブ員がいたり、地元の好意的な協力をいただけたりとラッキーな部分も大きかったです。

単日参加者約170名のうち140名は道外から参加いただいています。1人あたりの交通費や宿泊費、諸々の遠征費用をざっくり5万円とすると700万円以上のお金が動いた計算となります。この金額はそのまま本大会への期待の指標と受け止めて、皆様に満足していただくことだけを考えて準備に勤しんできました。この2日間の大会を含めた北海道滞在の時間が満足いくものであったのなら、我々の3年間の努力も結実したものと幸いに思います。s-DSCF7490

プログラムの発行が遅くなったことは大変申し訳なく思っております。少ない人材での準備作業でしたが、皆様のご支持が大きければいつの日かまた苫小牧地区のNewテレインで大会を開催するかもしれません。

ご参加いただきありがとうございました。

最後にスタッフを紹介させていただきます。

Special Thanks (敬称略)

昆野 郁 (1日目スタート)
白石 裕太(1日目輸送)
松本 佳也(1日目スタート)
横山 朋弘(1日目フィニッシュ)
北大OLC(いろいろ)
佐々木 秀司(2日目スタート)
羽鳥 和重(ユニットレンタル)
信原 靖  (資材手配)
熊谷 智之 (事前試走・スタート)
二瓶 昭夫 (2日目給水救護)
久野 美紀子(2日目給水救護)
坂野 翔哉 (1日目計セン)
的場 洋輔 (計セン遠隔監視指導・資材レンタル)
田中 徹  (コントローラー)
撤収に協力いただいた参加者の皆様

 

札幌オリエンテーリングクラブ

朝妻 清宗(事前準備)
岡本 将志(競技責任者・コースプラン・2日目計セン)
小野寺はるみ(受付)
勝本 幸治(地元渉外・交通宿泊担当)
金田 保 (競技者登録データ整理・フィニッシュ)
寺井 靖雄(資材準備設置・スタート)
早川 清 (会計データ整理・受付・地図販売)
原田 憲夫(スタート・表彰)
山崎 弘文(地図調査・医療担当)
山田 健一(運営責任・地図作成・広報)

 


プログラム公開

今朝、プログラムを公開いたしました。
大幅に遅れてしまいご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。