大会概要

第23回札幌オリエンテーリングクラブ大会 大会要綱

大会会場 苫小牧市ハイランドスポーツセンター  (苫小牧市高丘41)

主催:札幌オリエンテーリングクラブ

協力:北海道オリエンテーリング協会 北海道大学オリエンテーリング部
­    株式会社苫小牧振興公社 苫小牧市双葉町町内会

後援:苫小牧市 一般社団法人苫小牧観光協会
­   公益社団法人日本オリエンテーリング協会

大会名誉会長 堀井 学(北海道オリエンテーリング協会会長 公益社団法人日本オリエンテー
­            リング協会顧問 衆議院議員)
実行委員長  原田 憲夫(札幌オリエンテーリングクラブ会長)
運営責任者  山田 健一
競技責任者  岡本 将志(コース設定兼務)
競技役員   勝本 幸治 山崎 弘文 寺井 靖雄 早川 清 朝妻 清宗 小野寺 はるみ
­       金田 保 熊谷 智之
コントローラー 田中 徹(千葉県オリエンテーリング協会)

PDF要綱:   http://spk.gob.jp/23th/bulletin3.pdf
     (3/22 お詫び pdf要綱の参加料振込先ゆうちょ口座番号記載に誤りがありました ご迷惑おかけしたことをお詫び申し上げます)
問い合わせ先:spk23th@o-hokkaido.com

平成28年7月9日(土)Day1

競技形式  ポイントオリエンテーリング ミドルディスタンス

スタート開始予定時刻  午後1時30分(当日参加申込みは午後1時から)
スタート閉鎖予定時刻  午後2時50分

競技時間  全クラス 90分
­      フィニッシュ閉鎖予定時刻 午後4時20分

地図  縮尺 1:10,000 通行可能度4段階表示 JSOM2007基準 A4版
ビニール袋封入済

コントロール位置説明  JSCD2008による表記
­ ­         15歳以下クラス、B/N/Gクラスと一部のオープンクラスは日本語併記

チェック方式  EMIT社製のEカードを使用

平成28年7月10日(日) Day2

競技形式  ポイントオリエンテーリング ロングディスタンス

スタート開始予定時刻  午前9時30分(当日参加申込みは午前10時30分から)
スタート閉鎖予定時刻  午後11時00分

競技時間  全クラス 180分
フィニッシュ閉鎖予定時刻 午後2時00分

地図  M/W21E・M/W21A・O21クラス
­    縮尺 1:15,000 通行可能度4段階表示 JSOM2007基準 A4版
­    ­ビニール袋封入済

­    上記以外のクラス
­    縮尺 1:10,000 通行可能度4段階表示 JSOM2007基準 A4版(一部B4版)
­   ­ ビニール袋封入済

コントロール位置説明  JSCD2008による表記
­ ­         15歳以下クラス、B/N/Gクラスと一部のオープンクラスは日本語併記

チェック方式  EMIT社製のEカードを使用

注意事項

  • 本大会は日本ドーピング防止規程に基づくどービング検査対象大会です。公益社団法人日本オリエンテーリング協会が定める日本オリエンテーリング競技規則に基づきます。
  • オープンクラス参加に競技者登録は不要ですが、公益社団法人日本オリエンテーリング協会の公式記録としての認定はされません。
  • 各日各クラス3名を会場にて表彰します。また、2日間同クラス参加者の総合成績の上位3名を表彰します。
  • 服装や靴に制限は設けません。(長ズボン推奨)ただし、公序風俗、安全にそぐわないと判断された場合はスタート地区にて出走禁止を通告することがあります。
  • トレーニングコースの設定はありません。
  • 熊・鹿等動物の遭遇を回避するため鈴の着用を義務とします。
  • 代理出走は一切認めません。
  • 事前申込者にはスタート時刻を指定し当web上で公開します。
  • 要綱記載の内容を予告なく更新する場合がありますので、当web上でのご確認をお願いします。
  • 貸出用コンパスを若干数用意しますので貸出希望者は申込書備考欄に『コンパス貸出希望』とご記入ください。
  • プログラムは7月1日までには当web上で公開します。郵送希望者宛には同日の発送となります。
  • 競技エリアと会場内は火気厳禁です。タバコは絶対吸わないでください。また、ゴミは必ずお持ち帰りください。
  • 民家の敷地、立入禁止箇所への立入は厳禁とし、公園内の現状を変更することのないよう配慮してください。
  • 自身ならびに第三者の人身、財物に与えた損害、損傷、損失について主催者は一切責任を負いません。
  • 傷害保険を主催者で締結しますが補償に限りがあります。万一の怪我、事故に備え各自において保険加入、受診に備えて健康保険証の持参をお勧めします。
  • 大会当日の苫小牧中心部の宿泊混雑が予想されております。早めの確保を推奨します
  • 大会申込における個人情報は大会関係以外には使用しません。ただし、大会成績、撮影された写真の肖像権は札幌オリエンテーリングクラブに帰属し公式サイト掲載の他、報道機関等に情報提供することを了承いただきます
  • 当該地区はヒグマの目撃情報があります。参加者の安全確保のため大会直前、もしくは競技途中でも大会中止の措置を執る可能性があります。
  • いかなる理由であっても、参加費の返金はいたしません。

テレインプロフィール

樽前山南東麓から太平洋にかけて裾野を形成する丘陵地で標高差は60mほどの緩斜面テレインです。テレイン中央部で高速道路により分断され、北部より南部の方が比較的標高差が大きくなっています。
平成16年台風による倒木被害から植林整備された森林公園であり積雪が少ない土地柄、北海道特有のクマザサも背丈が低く概して通行可能度は良好です。大部分の沢底は倒木により通行可能度が劣りますが、テレイン内は外周を除けば建造物や水系も無く公園整備されていない場所においても比較的高速での直進が可能かと思われます。

立入禁止区域

本大会に参加される方は、大会まで下記範囲の立入はできません。違反した場合は失格となります。
立入禁止範囲:高丘第二霊園より南の「緑ヶ丘公園、高丘森林公園全域」

立禁2
除外地域:
国道276号線(支笏湖道路)と国道から大会会場(ハイランドスケー
ト­センター)ま
で­の最短進入経路、道央自動車道の通行

 緑ヶ丘公園のうち、金太郎池とその外周路、野球場、テニスコート、サッカー・ラグ
 ビーグラウンド、陸上競技場、パークゴルフ場の使用は可(森林地区不可)
 墓参や会葬目的の高丘霊園、高丘第二霊園、高丘霊葬場、動物火葬場への進入
 緑ヶ丘公園展望台の利用は1日目競技終了後可とします